EDになる人間の食事

食事

勃起不全は一般的な病気であり、40歳から70歳の男性の半数以上はEDであると言います。しかし、EDの原因となるのは年齢だけではありません。専門家は食生活がインポテンツや精力に大きな影響を与えると警告しています。

普段の生活の中で気付かないうちに精力を弱めていたり、精力を高めるための生活習慣はどんなものかを知りたい男性は多いのではないでしょうか。この質問にはまさに食生活にあるといえるでしょう。加工肉や、精製炭水化物、お菓子などの不健康食品は精子の運動力を減らすことも分かっています。また、典型的な不健康食品である高脂質食品は精子の質を下げ、肥満の可能性もあげてしまうでしょう。

肥満はホルモンの分泌を狂わせてしまいます。男性ホルモンであるテストステロンの減少は精液の質を下げEDになる可能性もあげてしまいます。ご存知のとおり、脂肪は睾丸の周りを温めてしまいます。睾丸の温度を上昇させてしまうと、精子の製産が正常に行われなくなってしまいます。

脂質の高い揚げ物を食べる際には特に気をつけなければいけません。材料をオメガ3脂肪酸が多く含まれる新鮮な魚に変えるだけでも、健康的な精子を作れることが分かっています。脂質自体は悪いものではありません。脂肪組織は私たちの体には必須の成分ですし、性ホルモンの放出にも脂肪組織は必要になってきます。体重が低すぎても悪い影響を与えてしまうので、ちょうど良い量の脂質を摂取できるよう、栄養管理をしなければいけません。

砂糖が多く入っている飲み物も精子の運動量に影響を与えてしまいます。砂糖を取りすぎると、インスリン抵抗性が増加してしまい、酸化ストレスも増加してしまいます。この酸化ストレスが精子にダメージを与えてしまうと言う事が良く知られています。この砂糖をフルーツに変えると、精子の質を改善することができるそうです。