セックスへの影響

キス

勃起不全(ED)で悩んでいる人はどんどん増加して言っています。日本も少子高齢化が進み、高年齢の人数が大変な事になっています。また、40代以下の成人男性も5人に1人がEDの症状が出ていると言います。EDの症状は軽いものから重度なものまで幅広く存在します。性欲の低下なども原因の一つと考えられています。

肉体的なEDへの引き金としては、高血圧、高コレステロール、糖尿病、ホルモン異常などがあります。精神的なものは、不安症や人間関係などです。多くの男性はEDについての話題にためらいを感じている一方、EDは早めの対処が必要です。もしあなたが、EDではないかと疑っている場合、以下の話に当てはまるかもしれません。

もしあなたにパートナーがいる場合、EDのせいでセックスの回数が減っている方がいるかもしれません。勃起にもがく時というのは、セックスをするパートナーがいる場合だけです。(一人でマスターベーションを正常に行える場合)パートナーからEDの指摘を受けると言う男性は多く、調査によると、それがストレスになっているそうです。多くの医者によると、セックスの半数以上で勃起に異常がみられた場合それはほとんどEDであるそうです。

たとえ、セックスはするとしても、EDはセックスの質を落としてしまうかもしれません。パートナーをセックスをする際に、勃起はできるけれでも、それを維持できないと言う方は要注意です。そういう症状を中折れと言いますが、れっきとしたEDの症状です。

EDはED治療薬で症状を軽くしたり、治せるかもしれません。ED治療薬にも様々なものがありますが、その中からあなたにぴったりのED治療薬を探さなければいけません。副作用なども人によって出たり出なかったりするので、いろんあED治療薬を試してみましょう。