シルビトラの副作用

トラ

シルビトラはバイアグラの有効成分とレビトラの有効成分を混ぜたED治療薬ですが、バイアグラに副作用があるようにシルビトラにも副作用はあります。レビトラも同じく副作用はあります。バイアグラやレビトラを一度使ったことのある人はシルビトラの副作用もある程度理解しているでしょう。なぜならバイアグラの副作用はレビトラの副作用とほとんど同じだからです。

これらの成分の安全性は15歳以上で証明されています。一般的な副作用は頭痛、吐き気、消化不良、鼻づまりです。100人に1人の割合で副作用が出ると言われています。しかし、この割合は成分の量によって変化するものであり、成分量の多いシルビトラでは副作用の確率が上がるかもしれません。また、重度の副作用としては、色彩障害、皮膚発疹、呼吸困難、顔の腫れなどがあります。重度の副作用は1000人に1人の割合で表れると言われています。

飲むタイミングとしては性行為の30分前から1時間前に飲むと良いでしょう。早い方だと飲んで15分ほどで効果を感じることができます。バイアグラは基本的に食事の影響を受けやすいと言われています。そのためシルビトラに関しても食事は控えた方が良いでしょう。食事を取ってしまうと、効果が薄くなってしまいます。また、シルビトラを摂取する直前にアルコールを摂取するのも避けた方が良いでしょう。

シルビトラはジェネリック医薬品(後発薬)です。そのため、通常のED治療薬よりも安く買う事ができます。しかし、日本での購入はできないためインドからの個人輸入がほとんどです。中には偽物も混ざっており、偽物による健康被害で死亡した例もあります。購入する際には安心できるサイトをきちんと選べるようにしましょう。